中国に勝利【卓球戦術教室】水谷隼 - 許昕 2セット目 リオ五輪2016団体決勝

リオ五輪2016団体決勝、日本対中国の2番手、水谷隼選手と許昕選手との一戦です。

許昕 2 10 12 3 水谷隼
9 11
11 3
11 7
10 12

水谷選手が、過去12戦全敗の許昕選手に初めて勝利しました。
ここでは、水谷選手が11-9で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

水谷隼の得失点別のデータ

水谷許昕 2水得
得点時の方がフォアサイドへの返球率が高くなっています。強力なフォアハンドを持つ許昕選手ですが、フォアサイドの打ち合いでは水谷選手が完全に上回っていました。フォアサイドへ打ち抜くチキータも印象的で、先手を取る卓球で優位な卓球を行い続けました。

許昕の得失点別のデータ

水谷許昕 2許得
フォアサイドでの打ち合いで点が取れていません。こうなるとバックサイドで勝負するしかなく、回り込みのフォアドライブで得点し一時は逆転しましたが、フォアサイドが空いたところをチキータやドライブで突かれ、再逆転を許しました。

 

次回 3セット目

3セット目は許昕選手が11-3で取ります。

→ 3セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です