中国に勝利【卓球戦術教室】水谷隼 - 許昕 4セット目 リオ五輪2016団体決勝

リオ五輪2016団体決勝、日本対中国の2番手、水谷隼選手と許昕選手との一戦です。

許昕 2 10 12 3 水谷隼
9 11
11 3
11 7
10 12

水谷選手が、過去12戦全敗の許昕選手に初めて勝利しました。
ここでは、許昕選手が11-7で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

水谷許昕 4全
3セット目から一転、フォアサイドでの勝負となりました。1,2セット目はフォアサイドでの勝負で水谷選手が勝っていましたが、このセットは許昕選手が先にフォアサイドに振っていました。水谷選手はサーブレシーブで先手が取れず、フォアサイドの打ち合いも勝ちを意識してか少し打点が下がり気味で、許昕選手が押していく展開となりました。

サーブのデータ

全てフォアサーブです。
水谷許昕 4サ
許昕選手は、3セット目で効いていた巻き込みサーブをほとんど使っていません。おそらく、水谷選手に対策される前に次の戦術に移ったということだと思います。結果的に許昕選手のサーブ時の得点率は5割なので成功とも言えませんが、この姿勢は勝つために重要なものです。
水谷選手は、サーブが全く効いていません。1,2セット目に使っていたミドル前を使っていません。ミドル前は、コースで角度をつけたレシーブがしづらいので、意外と有効です。フォア前やバック前の横回転が入ったサーブは、台上技術が上手い許昕選手にとってはむしろ好都合なのかもしれません。

 

次回 5セット目

5セット目は水谷選手が12-10で取ります。

→ 5セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です