【卓球戦術教室】とは?

【データ解析】とは、自作のプログラムにより卓球の試合をデータ化し、そこから選手の戦術や心理を読み取るという試みのことです。例えば…

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
例 全
技術の打数、得失点、コース取り、コース比率が数値化されています。
「打」 その技術を使った回数
「得」 その技術を相手が返せなかった回数
「失」 その技術がコートに入らなかった、及び、入ったが相手に打ち抜かれた回数
「フォア」「ミドル」「バック」 その技術をコースに打った回数
を表しています。

この表では、選手Bがドライブで圧倒しているのが分かります。そしてコース比率を見ると、バック半面での勝負になっているのが分かります。そこでもう少し詳しく見ていきます。

バックハンドのみのデータ

例 バック
選手Bの得点源はバックドライブです。にも関わらず、選手Aは9割以上をバックサイドに送ってしまっています。
選手Aはバックハンドを主とするプレースタイルなんですが、相手が上回ってきた時に、敢えて苦手なフォア半面で勝負するという選択肢も持っておかなければならないということが分かります。

選手Aと選手Bは、実は県大会レベルの中学生なので、わかりやすく数値に出るんですが、世界レベルの細かい戦術や心理も、このデータ解析で明らかにしていきます。

卓球戦術教室一覧