打倒中国への道【卓球戦術教室】丁寧 - 劉詩雯 2セット目 世界卓球2015決勝

世界卓球2015決勝、丁寧選手と劉詩雯選手との一戦です。

劉詩雯 3 11 7 4 丁寧
13 15
7 11
9 11
11 9
11 4
8 11

フルセットまでもつれる大接戦で、最終セットは丁寧選手が足を挫いたにもかかわらず逆転して優勝を果たしました。
ここでは、丁寧選手が15-13で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

劉詩雯のハンド別のデータ

丁寧劉詩雯 2劉ハ
1セット目の得点源だったバックドライブで得点できなくなっています。1セット目と同じようなコース取りですが、ワンパターンになりすぎて相手に読まれるようになってしまっています。1つの戦術だけでは勝てないのが中国の選手だということが分かります。

丁寧のハンド別のデータ

丁寧劉詩雯 2丁ハ
フォアドライブでの得点が増えています。ツッツキをバックサイドに集めて、1セット目に打ち込まれたバックドライブを敢えて打たせ続けています。そして相手がクロスのフォアサイドにバックドライブを打ってくるのを待ち構えて、フォアドライブで返すようになりました。相手の武器であるバックドライブを、フォアドライブで返すことで封じることに成功しました。

教訓 相手の武器を封じる「予防」と「対応」

試合で勝つためには、相手の武器や得点パターンを封じなければなりません。その封じ方は大きく分けて「予防」と「対応」の2種類があります。「予防」は相手の武器を使わせないという方法で、「対応」は相手に武器を使わせて打ち返すという方法です。例えば、今回の試合で言うと、劉詩雯選手の武器であるバックドライブを、丁寧選手は打たせた上でフォアドライブで返すという「対応」を用いました。「予防」なら、フォアサイドにボールを集めたり、ストップを使ったりします。
では、予防と対応のどちらを行うべきでしょうか。結論から言うと「できれば対応で、無理そうなら予防」って感じです。例えば、相手の武器が「バック前に横回転のフォアサーブからの回り込み3球目攻撃」だとします。このとき、もし3球目攻撃のコースがワンパターンで、ブロックできそうだなと思ったらブロックで対応します。これができると相手は「3球目攻撃をもっと強く打たなきゃ」と思い、力みが生まれミスをするようになります。これができれば最高です。このように相手の武器で相手自身の首を絞めさせるのが「対応」です。それに対して、もし3球目攻撃をブロックできそうにないとき、フォアサイドへのレシーブやストップなどで武器を使わせない戦術をとります。武器が使えないという焦りを相手に与えるのが「予防」です。
こんな感じで、「対応」によって相手の武器を根底から潰す、それが無理そうなら「予防」でその場をしのぐ、これで相手の得点を防ぐことができます。「予防」と「対応」を理解して、相手の思い通りにならない試合展開に持ち込みましょう。

 

次回 3セット目

3セット目は丁寧選手が11-7で取ります。

→ 3セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です