打倒中国への道【卓球戦術教室】丁寧 - 劉詩雯 7セット目 世界卓球2015決勝

世界卓球2015決勝、丁寧選手と劉詩雯選手との一戦です。

劉詩雯 3 11 7 4 丁寧
13 15
7 11
9 11
11 9
11 4
8 11

フルセットまでもつれる大接戦で、最終セットは丁寧選手が足を挫いたにもかかわらず逆転して優勝を果たしました。
ここでは、丁寧選手が11-8で取った7セット目を分析します。

スポンサードリンク




以下の表はすべて丁寧選手が右足首を負傷した0-2以降のデータです。

丁寧のハンド別のデータ

丁寧劉詩雯 7丁ハ
足首を挫いて動けないので、必然的に両ハンドで全面をカバーすることになりました。回り込みができず点を取りに行くことは難しいので、「とにかくミスをしない」というスタンスでラリーを行いました。このスタンスが相手の焦りを誘い逆転につながりました。

劉詩雯のハンド別のデータ

丁寧劉詩雯 7劉ハ
丁寧選手の怪我で試合が中断し、劉詩雯選手もやりづらさはあったでしょう。さらに丁寧選手が「とにかくミスをしない」スタンスに急に変わり、対応ができませんでした。劉詩雯選手はドライブを打ち続けましたが、丁寧選手がひたすら返してきたことで徐々に攻撃に無理が出てしまいました。

劉詩雯のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
丁寧劉詩雯 7劉サ
横回転系をフォア前に出せば手っ取り早かったと思います。相手をフォアに寄せたところでバックサイドを詰めれば、右足を負傷している丁寧選手は辛くなる、という感じです。それをしなっかったのは劉詩雯選手の気遣いなのかもしれません。

教訓 「とにかくミスをしない」スタンス

丁寧選手に見られた「とにかくミスをしない」というスタンスは、最強の境地だと思います。ただこのスタンスには良性と悪性があります。良性は、「何でも来い」という気持ちで、相手の動きから予測反応をして返球していくというものです。悪性は、自分の打ったボールが「台に入ってくれ」という気持ちで、自分の打球を目で追ってしまい、次の相手の打球に対して反応が遅れてしまいます。良性のスタンスを覚えて、デュースなど緊迫した場面で使えば、競り合いで勝てるようになるでしょう。

まとめ

まず、両者ともレシーブはツッツキが多いようです。さらに、こちらがストップをしたときもツッツキが多いので、ストップの精度と高い打点の下回転打ちは必須となります。
劉詩雯選手は、やはりバックドライブの強打が一番の武器となっています。クロスに打ってくることがほとんどなので、これをしっかり待ち受けて打ち返すことができれば勝機は見えてきます。
丁寧選手は、サーブで崩すことから始まりそうです。バック前の逆横とフォア前の横(サウスポーはバック前の横とフォア前の逆横)から、ツッツキで返してきたところを攻撃でバックサイドに詰めるという流れがよさそうです。
日本選手としては、格上の中国選手に対して点を取りに行くために無理をしがちですが、やはり無理のない範囲で攻めるということが大切です。これができたとき初めて相手の焦りを生み、勝利の可能性が出てきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です