打倒中国への道2【卓球戦術教室】劉詩雯 - 石川佳純 3セット目 女子ワールドカップ2015決勝

女子ワールドカップ2015決勝、劉詩雯選手と石川佳純選手との一戦です。

劉詩雯 4 14 12 0 石川
11 2
11 9
11 2

接戦のセットもありましたが、全体的には劉詩雯選手に実力を見せつけられた格好になりました。
ここでは、劉詩雯選手が11-9で取った3セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

石川佳純の得失点別のデータ

劉詩雯石川 3石点
失点時はミドルへの返球率が上がっています。これは、劉詩雯選手がミドルを待っていて、フォアドライブで強打されているからです。劉詩雯選手はミドルをフォアハンドで打つために体が少しバック側に寄っているので、フォアサイドをもっと使えばラリーで優位に立つことができたと思います。

劉詩雯のハンド別のデータ

劉詩雯石川 3劉ハ
やはりフォアドライブでの得点が多くを占めています。石川選手のミドル攻めの戦術にしっかり対応しています。中国の選手には1つの戦術では勝てず、戦術を対応されたときの更なる戦術を用意しておく必要があります。

 

次回 4セット目

4セット目は劉詩雯選手が11-2で取ります。

→ 4セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です