打倒中国への道2【卓球戦術教室】劉詩雯 - 石川佳純 4セット目 女子ワールドカップ2015決勝

女子ワールドカップ2015決勝、劉詩雯選手と石川佳純選手との一戦です。

劉詩雯 4 14 12 0 石川
11 2
11 9
11 2

接戦のセットもありましたが、全体的には劉詩雯選手に実力を見せつけられた格好になりました。
ここでは、劉詩雯選手が11-2で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

劉詩雯のハンド別のデータ

劉詩雯石川 4劉ハ
スピードドライブで計7得点のめった打ちです。サーブからの3球目攻撃、ツッツキレシーブから持ち上げさせてカウンターというパターンで、ことごとく得点していきました。

石川佳純のハンド別のデータ

劉詩雯石川 4石ハ
ツッツキとチキータで計3失点と、レシーブがうまくいきませんでした。つなぎのドライブもタイミングを合わされ、強打されてしまいました。緩急をつける、そして相手の強打を待ち構えて打ち返す必要がありました。

劉詩雯のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
劉詩雯石川 4劉サ
横回転系のショートサーブで3得点していますが、この3本は立ち位置をミドルに変えています。これを石川選手は全くレシーブできませんでした。同じサーブでも、出す位置を変えるだけで効き目が変わるということが分かります。

まとめ

まず、劉詩雯選手のバックドライブの強打がクロスに来るので、しっかり待ち受けて打ち返すことが必要です。1,3セット目はそれができていました。その上でフォアドライブを封じなければなりません。フォアサイドとミドルを使い分けることで的を絞らせなくする必要があります。今回の石川選手はミドルを使いすぎたように思います。または、ひたすらバックサイドを突くというやり方もあります。バックドライブの強打さえ打ち返せば、劉詩雯選手は決め球が無い状態になるので、そこでひたすらバックサイドを突けば、劉詩雯選手は点を取るために多少無理をするようになるでしょう。劉詩雯選手に焦りが見えてきたときに有効な作戦かもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です