打倒中国への道3【卓球戦術教室】福原愛 - 丁寧 4セット目 アジア競技大会2014決勝

アジア競技大会2014決勝、日本対中国の1番手、福原愛選手と丁寧選手との一戦です。

丁寧 1 6 11 3 福原
9 11
11 3
13 15

絶好調の福原選手が、丁寧選手に初めて勝利しました。
ここでは、福原選手が15-13で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

丁寧得点時の両者のハンド別のデータ

福原丁寧 4丁得A

福原丁寧 4丁得B
3セット目と同じく、丁寧選手の巻き込みサーブからの3球目攻撃、そして福原選手の無理のあるフォアドライブで、いきなり丁寧選手が7-0と大量リードです。

福原愛得点時の両者のハンド別のデータ

福原丁寧 4福得A

福原丁寧 4福得B
9-3で丁寧選手がリードしたところで、福原選手は開き直りを見せました。無理のないフォアドライブを打つようになり、よってこれまでと違い丁寧選手は打ち返してくるんですが、それを福原選手は連続攻撃や短いブロックで返して前後に揺さぶります。この彼女本来のプレーであっと言う間に逆転しました。

まとめ

丁寧選手の狙いは、福原選手のウィークポイントであるフォアハンドを打たせるということだったんですが、その福原選手のフォアハンドが絶好調でストレートに打ち抜かれ、丁寧選手はなにもできなくなってしまいました。
ということで、丁寧選手に勝つにはまずバック対バックで丁寧選手を上回っている必要があります。上回っていれば丁寧選手がフォアに振ってくるので、それをフォアドライブでコースを打ち分けるという戦い方ができます。これによって丁寧選手の強力はフォアドライブを封じることができます。
もちろんレシーブも大事で、フリックやチキータからバック対バックに持ち込みたいところです。サーブは、短いサーブはツッツキで返してくることが多いので、それをしっかり高い打点で打ち込むことが必要です。
総合的に高い技術が求められますが、やはり中国に勝つためには、これをクリアしなければなりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です