緩急の使い方【卓球戦術教室】ソルヤ - 福原愛 1セット目 女子ワールドカップ2015

女子ワールドカップ2015仙台大会女子シングルス準々決勝、ソルヤ選手と福原愛選手との一戦です。

ソルヤ 4 8 11 3 福原
6 11
2 11
14 12
11 5
11 8
11 6

福原選手の一方的な展開でしたが、4セット目以降はソルヤ選手が流れをひっくり返しました。
ここでは福原選手が11-8で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ソルヤ福原 1全
福原選手の前後の揺さぶりがよく効いていました。押していくバックハンド(ショートにカウント)と短く抑えるバックハンド(ブロックにカウント)を駆使し、短いバックハンドから相手がつないできたところをフォアハンドで仕留めるというパターンがよく決まりました。ソルヤ選手は福原選手の揺さぶりについていけずほとんどがループドライブで、持ち味のパワードライブが影を潜めてしまいました。

福原愛のハンド別のデータ

ソルヤ福原 1福ハ
バックショート(押すバックハンド)とバックブロック(短く抑えるバックハンド)の使い分けが福原選手の持ち味ですが、今回の相手のソルヤ選手はガチンコのラリーには強いので、短いバックハンドを多用しています。ツッツキ、フリック、ショートなどで押して、相手が半歩下がったところで短く抑えるという理想的な展開でした。

 

次回 2セット目

2セット目は福原選手が11-6で取ります。

→ 2セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です