緩急の使い方【卓球戦術教室】ソルヤ - 福原愛 2セット目 女子ワールドカップ2015

女子ワールドカップ2015仙台大会女子シングルス準々決勝、ソルヤ選手と福原愛選手との一戦です。

ソルヤ 4 8 11 3 福原
6 11
2 11
14 12
11 5
11 8
11 6

福原選手の一方的な展開でしたが、4セット目以降はソルヤ選手が流れをひっくり返しました。
ここでは福原選手が11-6で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ソルヤ福原 2全
福原選手は、ブロックでは4得点ですが、ドライブは計1得点に減っています。これは、ソルヤ選手が先にミスをしたのが理由です。短いブロックに対して頑張って打ちにいっていたんですが、台に入りませんでした。さらに、ソルヤ選手の意識が前にあるところでバックショートで押して3得点でした。

ソルヤのハンド別のデータ

ソルヤ福原 2ソハ
バックドライブのミスが大半です。福原選手の短いブロックに対し打点を落として打たざるを得なくなるんですが、打点を落としてループドライブをするのはバックハンドの方がやはり難しいです。福原選手はそれを利用して、バックサイドにブロックを集めました。

教訓 異質ラバーの緩急

バック表など、異質ラバーを使った攻撃型の選手も多いと思います。ドライブ型に勝つためにはやはり異質ラバーによる緩急が必要になるでしょう。短いブロックは覚えておきたいところです。
基本的なやり方は、相手のドライブの勢いを、横回転に変換して返すことで勢いを抑えるという感じです。例えばバック表の場合、バックサイドからクロスに来たドライブは、スライス回転(半時計回りのフォア側に曲がっていく回転)でフォアサイドに返します。フォアサイドからストレートに来たドライブは、フック回転(時計回りのバック側に曲がっていく回転)でバックサイドに返します。練習方法ですが、まずは多球練習が良いでしょう。ミドルに来たボールの方がラケット面を出しやすいので、バックサイドからミドルへのドライブはスライス回転でフォアサイドに、フォアサイドからミドルへのドライブはフック回転でバックサイドに、この2種類の練習をすると良いでしょう。
試合での使い方ですが、今回の福原選手のやり方が非常に参考になります。ツッツキ、フリック、バックショートで押して相手を半歩下げたところで、相手の苦手なコースに短いブロックを返します。フォアドライブの強い相手にはバックサイドに、バックハンドの強い両ハンド型にはフォアサイドに短いブロックを送りましょう。
こういった揺さぶりが異質ラバーの醍醐味なので、相手を振り回す卓球を楽しみましょう。

 

次回 3セット目

23ット目は福原選手が11-2で取ります。

→ 3セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です