緩急の使い方【卓球戦術教室】ソルヤ - 福原愛 6セット目 女子ワールドカップ2015

女子ワールドカップ2015仙台大会女子シングルス準々決勝、ソルヤ選手と福原愛選手との一戦です。

ソルヤ 4 8 11 3 福原
6 11
2 11
14 12
11 5
11 8
11 6

福原選手の一方的な展開でしたが、4セット目以降はソルヤ選手が流れをひっくり返しました。
ここではソルヤ選手が11-8で取った6セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
10-3までのデータです。
ソルヤ福原 6全10-3
5セット目と同じく、ソルヤ選手が打ち合いで圧倒しています。たまに短いブロックもするんですが、ソルヤ選手のパワーが頭をよぎり、思い切っていけずに逆に甘くなるという悪循環が生じています。10-3から、福原選手はいわゆる「開き直り」による攻撃で5点を連取しましたが、ソルヤ選手は点差による心理を理解し、落ち着いてこのセットを締めました。

ソルヤのハンド別のデータ

10-3までのデータです。
ソルヤ福原 6ソハ 10-3
フォアのスピードドライブで4得点で、完全に圧倒していました。両ハンドともにコースに打ち分けることができ、圧倒的なパワーも持つので、まともなラリーでは無類の強さを誇ります。

 

次回 7セット目

7セット目はソルヤ選手が11-8で取ります。

→ 7セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です