緩急の使い方【卓球戦術教室】ソルヤ - 福原愛 7セット目 女子ワールドカップ2015

女子ワールドカップ2015仙台大会女子シングルス準々決勝、ソルヤ選手と福原愛選手との一戦です。

ソルヤ 4 8 11 3 福原
6 11
2 11
14 12
11 5
11 8
11 6

福原選手の一方的な展開でしたが、4セット目以降はソルヤ選手が流れをひっくり返しました。
ここではソルヤ選手が11-6で取った7セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ソルヤ福原 7全
最後まで展開が変わることはありませんでした。福原選手の緩急はやはりほとんど無く、まともなラリーをソルヤ選手が制していきました。

まとめ

ソルヤの試合全体のハンド別のデータ
ソルヤ福原 0ソハ
まず福原選手のサーブですが、ソルヤ選手のレシーブはツッツキが多く、フォアツッツキの失点が多いので、サーブはフォア前が良いでしょう。そしてツッツキをしてきたところをバックハンドでストレートに押していき、相手がドライブをかけてきたところを短いブロック、といったところが得点パターンでしょう。
福原選手のレシーブは、ツッツキやフリックなど長いものが良いでしょう。狙い打ちされないようにコースを使い分け、相手がドライブをかけてきたところを短いブロック、といったところです。
これを軸に前後左右の揺さぶりを行えばソルヤ選手には勝てるでしょう。3セット目まではできていたんですが、4セット目以降は押す一方になってしまいました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です