【卓球戦術教室】梁夏銀 - 朱雨玲 2セット目 中国オープン2016シングルス準々決勝

中国オープン2016シングルス準々決勝、梁夏銀選手と朱雨玲選手との一戦です。

梁夏銀 4 3 11 3 朱雨玲
11 9
3 11
11 8
5 11
11 8
11 8

一進一退の攻防の末、過去4戦全敗の梁夏銀選手が初勝利しました。
ここでは、梁夏銀選手が11-9で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

梁夏銀のハンド別のデータ

%e6%a2%81%e5%a4%8f%e9%8a%80%e6%9c%b1%e9%9b%a8%e7%8e%b2%e3%80%802%e6%a2%81%ef%be%8a
コース比率が、極端にミドルとバックサイドに集まっています。朱雨玲の得意なフォアハンドを封じて、バック対バックの勝負に持ち込むことに成功しました。フリックを中心にバックサイドに詰めて、そこからのバック対バックのラリーもミドルを駆使して的を絞らせませんでした。朱雨玲選手がフォアサイドに振ってきてもしつこくバックサイドを突き、思うような攻撃をさせませんでした。

朱雨玲のハンド別のデータ

%e6%a2%81%e5%a4%8f%e9%8a%80%e6%9c%b1%e9%9b%a8%e7%8e%b2%e3%80%802%e6%9c%b1%ef%be%8a
梁夏銀選手のバック攻めに押されていました。詰まり気味のループドライブが両ハンドで計5失点と、1セット目のようには全くいきませんでした。朱雨玲選手の持ち味はフォアハンドの強打なので、やはり積極的にフォアサイドに振っていくべきでしょう。

梁夏銀のサーブのデータ

%e6%a2%81%e5%a4%8f%e9%8a%80%e6%9c%b1%e9%9b%a8%e7%8e%b2%e3%80%802%e6%a2%81%ef%bd%bb
ほとんどが巻き込みサーブでしたが、サービスエースが3本と、かなり効いていました。このセットは梁夏銀選手のサーブレシーブが有効でしたので、そこからのバック対バックのラリーで優位に立つことができました。

 

次回 3セット目

3セット目は朱雨玲選手が11-3で取ります。

→ 3セット目