【卓球戦術教室】平野美宇 - 鄭怡静 4セット目 女子ワールドカップ2016シングルス決勝

女子ワールドカップ2016シングルス決勝、平野美宇選手と鄭怡静選手との一戦です。

鄭怡静 0 9 11 4 平野
5 11
4 11
8 11

平野選手が圧倒的な実力を見せてストレート勝ち、中国人以外では初の女子ワールドカップ優勝を飾りました。
ここでは、平野選手が11-8で取った4セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

平野美宇のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%804%e5%b9%b3%ef%be%8a
フォアサイドの展開が少し増えてしまいました。ストップなどが甘くなることがあり、フォアハンドで先手を取られました。それでも、サーブとバックハンドでこのセットを勝ち切りました。

鄭怡静のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%804%e9%84%ad%ef%be%8a
フォアハンドで得点するケースもありましたが、逆転には至りませんでした。やはりバック対バックでは分が悪く、フォアハンドでの勝負に持ち込めませんでした。

サーブのデータ

全てフォアサーブです。
%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%804%ef%bd%bb
平野選手のサーブは最後まで効き続けていました。鄭怡静選手は、レシーブが上手くいった時は得点になっていただけに、自分のサーブ時に得点できていないのが悔やまれます。

まとめ

両ハンドタイプの平野選手と、フォアハンドの強打が強い鄭怡静選手の戦いでした。
両ハンドタイプとしては、フォア前サーブで相手をフォア側に寄せてからバック攻め、回り込んできたら空いたフォアサイドを突くのがセオリーです。
フォア強打タイプとしては、バック前サーブからフォアミドルやフォアサイドに送って詰まらせ、つないできたところを打ち抜くのがセオリーです。
今回の試合は、それ以前に平野選手のサーブが効きすぎて一方的な展開になりました。ラリー事態はそこまで一方的ではなかったので、サーブで勝った試合と言えます。サーブレシーブの重要さがよくあらわれた試合でした。

スポンサーリンク