【卓球教室リポート】11月3週 小学生高学年

11月3週某日、千葉県の小学生高学年8人のレッスンを行いました。

全員が遊びで少し卓球を経験している程度で、ラリーがほとんど続かないという状況でした。

今回は基本の1ページ目、フォア打ちを教えていきました。
フォームやスイングよりも、まずはリズムを教えていきます。
フォームやスイングを先に教えても、遠回りかなと思いますので。

ということで、卓球が持つリズムというものを、多球練習で身に付けることから始めます。
すぐにコツを掴む子もいて、最高でフォア打ち50回(往復)続けることができました。

今後100回や1000回続けるような練習は行いません。
卓球界で根強い練習ですが、山なりのやさしいボールで1000回続けたところで、試合の役には立たないと思うので、少しづつフォア打ちを強くして回数(20回程度続けば十分です)を維持できるようにします。

普段の練習でもこのリズムを意識してもらえれば、どんどん上達すると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です